スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年、最後・・・? その5


またまた、更新が遅れてしまいました~。 m(_ _)m
前回は、炊事場棟まででキャンプ場の紹介は終了でした。
今回は、その後の朝ご飯からですね~。


2014-10キャンプ72
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
炊事場棟から見た、おっちゃんのサイトです。


2014-10キャンプ73
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
サイトに戻って、さぁ~っ、朝ご飯・朝ご飯~。

2014-10キャンプ74

2014-10キャンプ75
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
今朝のスープは、オニオングラタンスープです。

2014-10キャンプ76

2014-10キャンプ77
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ベーコンエッグ~、今回は良く出来ました~。

2014-10キャンプ78

2014-10キャンプ79

2014-10キャンプ80
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ハムステーキとパンを焼いて・・・、出来上がりを撮るのを忘れて・・・。
いきなり、がっついてしまいました~。m(_ _)m

2014-10キャンプ81

2014-10キャンプ82

2014-10キャンプ83
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
恒例のホットサンド~、ハム・たまごサラダ・チーズをはさんで・・・。
おいしく、いただきました~。
あとは片付けをして・・・撤収の準備ですね。

2014-10キャンプ84

2014-10キャンプ85
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
片付けも終わり、テント・タープを残すだけになりました。

2014-10キャンプ86

2014-10キャンプ87
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
撤収完了~!(こうして見ると、結構広いですなぁ。)

2014-10キャンプ88-1
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
来年、また来たいなぁ~ということで・・・パチりっ!
水道のレバーと電源BOXの鍵を、本館に返して休暇村にサヨナラです。
休暇村の手前から海の方へ行く道があるのですが、来たかった所の
一つへ向かいます。

2014-10キャンプ89
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
震災メモリアルパーク中の浜へ・・・・・。
この場所から海の方へ降りて行きます。

2014-10キャンプ90
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
「宿トンネル」 を抜けると、中の浜に到着です。

2014-10キャンプ91

2014-10キャンプ92

2014-10キャンプ93
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
震災前の中の浜は、海岸がすぐ近くに望める緑豊かなキャンプ場として、
海水浴シーズンを中心に多くの利用者が訪れる場所でしたが、
平成23年3月11日
中の浜には15mを超える津波が押し寄せ、甚大な被害を受けました。
平成26年5月24日(土)、岩手県宮古市で環境省の主催による
「震災メモリアルパーク中の浜」の開園式が行われたそうです。

2014-10キャンプ94

2014-10キャンプ95

2014-10キャンプ96
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
入り口には、このようなモニュメントも・・・・・。

2014-10キャンプ97
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
それでは、奧に進んで行きましょう。

2014-10キャンプ98

2014-10キャンプ99

2014-10キャンプ100

2014-10キャンプ101

2014-10キャンプ102
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
震災遺構の 「トイレ」・「炊事棟」 です。
間近で見ると、津波の凄まじさを肌で感じ・・・怖さを再認識しました。

2014-10キャンプ103

2014-10キャンプ104
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
公園の中心にあり、園内を一望できる「展望の丘」は、大型トラック2,800台分の
震災ガレキ由来の再生資材を使って作られたそうです。
展望の丘では中の浜を襲った津波と同じ高さで周りをみることができます。

2014-10キャンプ105
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
公園を取り囲む山々には、津波遡上高が記されています。
中の浜地区を襲った津波の最大遡上高は海抜21mとされており、
いち早く高台に避難することの大切さを教えてくれます。

2014-10キャンプ106

2014-10キャンプ107
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
13メートルの高さのある丘の上に立ち海を眺めるとちょうど目線が
津波の高さとなるよう設計されています。
以前の、中の浜キャンプ場の写真も飾られていました。

2014-10キャンプ108

2014-10キャンプ109

2014-10キャンプ110

2014-10キャンプ111
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
賑わっていた頃のキャンプ場、イイところだったんですねぇ。

2014-10キャンプ112

2014-10キャンプ113
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
展望の丘を降りて駐車場まで来て気づきました。
駐車場の後ろの斜面には、浮球が木に下がったまま・・・。
ここまで、波が来たということで・・・そのままにしているそうな。
来年また、休暇村にキャンプに来たら寄ってみようと思います。
この後、浄土ヶ浜にも行こうと思い向かったのですが・・・。
工事関係の車や通行止めなどもあり、道を間違って港に出てしまい
結局立ち寄る事が出来ませんでした。
せっかくなので、港にある 「道の駅」 に寄ることにしました。

2014-10キャンプ114

2014-10キャンプ115
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
外壁には、津波の高さ表示がありました。
ここからは、もう帰るだけなのですが・・・途中もう1カ所寄ることに・・・。
行き先をナビに設定して・・・さぁ、行きましょうか~。
宮古市から盛岡市へ国道106号を走り、陸中川井から国道340へと
ナビに案内されるままに進むと、次は県道25号へ行けと・・・・・。
この25号線が林道のようなすれ違いも出来ないくらい狭い道で、
途中には 「タイマグラキャンプ場」もありました。

2014-10キャンプ116

2014-10キャンプ117
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こんな道でした~!(紅葉は綺麗でしたよ~。)
進んでいくと・・・早池峰山登山口など通らせられました~。
山道を・・・やっと降りて来たら、早池峰ダムのところに 「道の駅」 が
ありました。(やっと人里に来た実感が・・・。)

2014-10キャンプ118

2014-10キャンプ119
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
「道の駅 はやちね」 に到着~!(ココはワインも有名ですよね~。)

2014-10キャンプ120
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ワインで有名なだけに、ぶどうのオブジェが綺麗でした~。

2014-10キャンプ121

2014-10キャンプ122
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
何も書いてなかったのですが・・・記念にパチりっ!
ここからは予定の所まで、あと少しです。(県道43号線を・・・。)

2014-10キャンプ123
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
花巻市大迫町にある、 「ガラス体験工房森のくに」 に到着~!
以前は、よくココに来てました。
おっちゃんはガラスの物が好きなので、何か無いかと思い来てみました。

2014-10キャンプ124

2014-10キャンプ125
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
今回は、おっちゃんの心をつかむような品物はありませんでした。
ここから、盛岡に向かって行きます。

2014-10キャンプ126
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
盛岡に近づいて来たら、岩手山が・・・・・。(南部片富士と呼ばれてます。)
盛岡を通過し、国道46号線をひた走り・・・・・。

2014-10キャンプ127
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
やっと、秋田市内に入りました。

2014-10キャンプ128
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
家に着いた時には、もう日が暮れてしまいましたね~。
でも、久々のキャンプは楽しかったですね~。
震災の爪痕は、辛くもあり・悔しくもあり・悲しい気持ちにもなりましたが、
また行きたいと思えるようになりました。
次に、三陸沿岸に行く頃には復興状況が目に見えるくらいに
なってますように・・・・と、心から願うばかりです。
長々と・・・ずいぶん引っ張りましたが、今年のキャンプはこれで最後
になると思います。
今年、人生初のキャンプデビューをして計6回・・・回を重ねるごとに
キャンプの楽しさにハマった1年でした。
来年の春、キャンプ再開まで・・・いろいろな物を作っておこうと思います。
次は、何のネタにしましょうか?
まぁ、今回は・・・この辺で~ ヾ( ´ー`)ノ~ばーい 。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホットサンド美味しそうですね。
いつもキャンプだとこういう朝食なんですか^^いいな美味しそう。
お天気もすごく良くさわやかな朝って感じですね。
キャンプ場自体もすごくキレイだから、本当に居心地良さそうな感じが伝わってきました。

そして驚いたのは、今年からキャンプ始められたのですか?
もうすでに若い頃からキャンプされている超ベテランさんだと思っていたので
そこが一番驚きました。


被災されたキャンプ場は、なんだか胸が苦しくなりました。
敢えてあちこち傷跡を残しているのでしょうけど、私はそれが怖くて直視できません^^;ここは訪れることも出来なさそうな気がしました。

Ria さん。

こんばんは~。

>ホットサンド美味しそうですね。
>いつもキャンプだとこういう朝食なんですか^^いいな美味しそう。
>お天気もすごく良くさわやかな朝って感じですね。
>キャンプ場自体もすごくキレイだから、本当に居心地良さそうな感じが伝わって>きました。

朝食は、いつもこんな感じですね~。
おっちゃんは結構食べるほうなので、いつも太って帰ります。(笑)
来年、また行くつもりです。(凄くイイキャンプ場だったので・・・。)

>そして驚いたのは、今年からキャンプ始められたのですか?
>もうすでに若い頃からキャンプされている超ベテランさんだと思っていたので
>そこが一番驚きました。

昨年からキャンプ用品を集めて準備して、今年の4月デビューでした~。
キャンプを始めたら、あとから・あとから欲しい物が出て来て大変でした。
もう、気持ちいっぱい・いっぱいでやってる超ビギナーですよ~。

>被災されたキャンプ場は、なんだか胸が苦しくなりました。
>敢えてあちこち傷跡を残しているのでしょうけど、
>私はそれが怖くて直視できません^^;
>ここは訪れることも出来なさそうな気がしました。

おっちゃんも現実として、なかなか受け入れる事が出来ずにいましたが
少しずつでも、出向いて行って肌で感じようと思えるようになって来ました。
復興していく様子を確認する意味でも、これから時々行こうと思います。

No title

震災の爪痕を後世に残すことは意義深い事でしょうね。
しかし改めて津波の脅威を認識します。
それにしても朝食が滅茶苦茶美味しそうです。
自然の中で何とも至福の一時ですね(^^)

グラエリ さん。

こんばんは~。

>震災の爪痕を後世に残すことは意義深い事でしょうね。
>しかし改めて津波の脅威を認識します。

復興は、それなりに進んでいるんだと思いますが
実際に見る限り、そんなに進んでいるようには見えません。
誰が見ても復興していると思えるようになってほしいものです。

>それにしても朝食が滅茶苦茶美味しそうです。
>自然の中で何とも至福の一時ですね(^^)

キャンプの食事は、何を作ってもおいしいですね~。
東北のキャンプ場は、オフシーズンになりつつあります。
来年まで・・・おあずけというのがツライです。

No title

懐かしいですね、宮古。

震災前のキャンプ場もいい雰囲気ですね。新造されたキャンプ場も中々。

津波を忘れない工夫もいいと思います。

ガッツ さん。

こんばんは~。

>懐かしいですね、宮古。

ガッツ さんも、宮古に行かれた事があるんですね。
おっちゃんが知っている、以前の宮古は無かったですけど
所々・・・懐かしい風景もありました。

>震災前のキャンプ場もいい雰囲気ですね。新造されたキャンプ場も中々。

今回のキャンプ場は、昨年の7月に新規オープンしたところなので
最高のキャンプ場でした。(少々、お高いですけど・・・。)

>津波を忘れない工夫もいいと思います。

震災遺構は、少しでも多く残してほしいと思いました。
ずっと・ずっと・忘れない為に・・・・・。
プロフィール

おっちゃんライダー

Author:おっちゃんライダー
SUZUKI GSX250S KATANA乗りです。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク(リンクフリー)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。