スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコールストーブ制作行程・・・その3

今回からは、内筒の制作に入ります。

制作41
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
前々回に、上部ピースを作りましたが・・・そのカタワレです。

制作42

制作43
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ハサミで切り取り、内筒の材料になります。

制作44
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
内筒の直径は50mmなので、横157mm・縦42mmの寸法です。
両側の上下半分づつの切り込みで筒状にする為、その両側5mm
づつたして、横167mm・縦42mmになります。
下のラインのセンターを基点として、両側に52.3mmのところ
に印を付け、3カ所穴をあける位置を決めます。
四隅に横10mm・縦0.5mmのきりかきを入れておきます。

制作45
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
寸法を書いた用紙の裏に、両面テープを貼っておきます。

制作46
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
先ほど切り出しておいたものに、貼り付けます。

制作47

制作48
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
内筒の下側になるラインに、ドリルで順に1mm・1.5mm・
2.0mm・最終的に2.5mmと穴をあけます。
この穴は、アルコールの通り道になります。

制作49
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
線を引いたところを、カッターで軽く切り込みを入れます。

制作50
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こんな感じで、カッターのあとが見えますよね。

制作51

制作52
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
切り込みのところを、折りこんでいくと綺麗に切れるんですねぇ。

制作53
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これで、内筒パーツの切り出しが完了しました。

制作54
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
両側の切り込みを合わせて、筒状にします。

制作55

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
幅10mm・長さ50mmに切り出したパーツと、筒状にした内筒。

制作56

制作57
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
内側に沿わせて、外側で折りこみます。
切り出しのときの四隅の10mm・0.5mmは、この為でした。

制作58
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
先の丸いペンチで、アールを付けながらキッチリ折り込みます。

制作59
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これで、内筒の制作が完了しました。
次回は、組み立ての行程に入ります。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいですね、これだけの物が作れるなんて。

十分売り物とかになるんじゃないですか?

設計図とか書けるのがすごいです。

これをバイクに積んで、ツーリング先の風光明媚な所で珈琲をドリップして飲めば格別でしょうね。

OGRさん。

こんばんは。

>十分売り物とかになるんじゃないですか?

いやいや、本当に趣味で作っているだけなので・・・。
売り物になんて、おそれおおいことでございますよ。
気に入っていただいた方に、使ってもらって喜んでます。
もしよろしければ、お送りしますよ~。

>これをバイクに積んで、ツーリング先の風光明媚な所で珈琲をドリップして飲めば  格別でしょうね。

今度、アルコールストーブドリップコーヒー?ツーリングをしてみます。
プロフィール

おっちゃんライダー

Author:おっちゃんライダー
SUZUKI GSX250S KATANA乗りです。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク(リンクフリー)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。