スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年10月2日 2度目のツーリング。

朝6時過ぎに、念願の羽黒山へ出発~。
象潟の道の駅(ねむの丘)で一休み。
ここから、山形県へ向かって走ります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
象潟の道の駅

酒田山居倉庫01
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
酒田市の観光名所、山居倉庫に来ました。
「庄内米歴史資料館」・「酒田市観光物産館 酒田夢の倶楽(くら)」
「レストラン」・「おみやげコーナー」が有ります。
ちょっと、周りを散策に・・・・・。

酒田山居倉庫02
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
山居倉庫正面。

酒田山居倉庫03
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
山居倉庫裏のケヤキ並木です。

酒田山居倉庫04
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
歩いてきたケヤキ並木を振り返ってパチリ!

さぁ、これから鶴岡市方面へKATANAでGO~。

羽黒山大鳥居
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
鶴岡市から羽黒山へ向かう県道47号線に、デッカイ鳥居が・・・。
羽黒山大鳥居と言い、高さ20m、幅15m、東北一の大きさだそうです。
この大鳥居をくぐって、イザッ羽黒山へ。

五重の塔01
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
まずは、国宝 羽黒山 五重塔へ行かねば~。

五重塔02
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ここ随神門から長い石段を降りて行きます。

五重塔03
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
随神門を抜け、石段唯一の下り坂の継子坂を下ると、
祓川にかかりる赤い神橋(祓川神橋「はらいがわしんきょう」)
見えて来ます。

五重塔04
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
祓川神橋を渡って右側に見えて来るのが、須賀の滝(すがのたき)です。
江戸時代、遠く月山より8kmの水路をひいて作ったもので
不動の滝と名づけられていたそうな。
ここを過ぎると・・・・・。

五重塔05
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
国宝 羽黒山 五重塔です。

五重塔06
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
なんか厳かな気持ちになりますなぁ。
現在の塔は、約600年前に再建されたものといわれる。
高さが29.0mの三間五層柿葺素木造で、昭和41年には
国宝に指定されたそうな。
随神門から一の坂・二の坂・三の坂と羽黒山山頂まで、表参道石段
2,446段登っていくのだそうです。
おっちゃんは、羽黒山有料道路を通って羽黒山山頂まで行きます。
(ここから山頂までの、コーナーが楽しい・・・・・。)

羽黒山山頂駐車場
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
羽黒山山頂の駐車場に到着~。
(超ビギナーライダーの、おっちゃんライダーには
          楽しいコーナーでした!!下りも楽しみ~。)

ここから、参道を通って三神合祭殿へ。

鳥居
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
参道を通って行くと、手水舎鳥居が見えて来ました。

参集殿
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
鳥居をくぐって正面に見えるのが、出羽三山神社参集殿と
鐘楼と建治の大鐘(国の重要文化財)です。

小さな神社達
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
右側には、末社と言われる小さな神社が並んでいます。
左から大雷神社、健角身神社、稲荷神社、大山祗神社、白山神社、
思兼神社、八坂神社、とそれぞれ名前が付いてました。

鐘楼
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
奥に進むと、鐘楼と建治の大鐘が有りまして、鐘の口径1.68m、
唇の厚み22cm、また鐘身の高さ2.05m、笠形の高さ13cm、
龍頭の高さ68cm、総高2.86mだそうな。
さらに、奥に進むと・・・そこには・・・・・。

三神合祭殿01

三神合祭殿02

三神合祭殿03
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
やっと念願の、三神合祭殿(月山・羽黒山・湯殿山の三神が合祀されている)
に来る事が出来て嬉しい~。
みんなの幸せと、帰りの道中の安全も良~く拝みました。

県境帰宅途中
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
帰宅途中の山形県と秋田県の県境に有るドライブインにて、
本日・最後のKATANAのスナップでした。
この後、無事2度目のツーリング終了し基地に帰る事が出来ました。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おっちゃんライダー

Author:おっちゃんライダー
SUZUKI GSX250S KATANA乗りです。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク(リンクフリー)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。